07こんなときに給付が受けられます!|労務業務|椿税理士事務所

07.こんなときに給付が受けられます!



point01_1.gif
病気・けがで仕事につけないとき (傷病手当金)
01.jpg

※標準報酬日額は、標準報酬月額を30で割った額です。

※業務上、通勤災害は、労災になりますので、ご注意ください。

point01_2.gif
本人または配偶者が出産をしたとき (出産育児一時金・家族出産育児一時金)
妊娠4ヶ月(85日)以上で出産したときは、1児につき42万円支給されます。

     ※産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は39万円(平成27年1月1日以降の出産は40.4万円)となります。

point01_3.gif
本人が出産で仕事を休業したとき (出産手当金)
02.jpg
point01_4.gif
本人または被扶養者が死亡したとき (埋葬料・家族埋葬料)
被保険者本人が業務外の事由により亡くなった場合、亡くなった被保険者により生計を維持されて、埋葬を行う方に「埋葬料」として5万円が支給されます。

              ※また、被扶養者が亡くなったときは、被保険者に「家族埋葬料」として5万円が支給されます。